忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621
[PR]
2018/09/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/11/16 (Mon)
昨日は久しぶりのオケの練習でした。3週間ぶり。
私もですが周りの方も、みんな、なかなか音出なかったみたいでした。

そんな中、モーツァルトのピアコンから。

p で、とにかく音の形からはみださないように、と思って弾くけど、なんせ音が出ないし。

ヴィオラはバイオリンに比べて音の立ち上がりが遅いし、楽器も全然鳴らない状態で、
小さい音出そうとするけどそうすると嫌な生の音が出て、もうとんでもなかったです。

少しは早めに行ったので、音出しができればよかったんでしょうが、まだ楽譜を確認
しないといけないことがあったりしてできませんでした。

そのあたりが一番の敗因でしょうか?

途中から先生がいらっしゃって、ピアノも入り、音楽が流れるようになって初めて、
ああやっと音が出てきたと思いました。

やっぱりプロの先生の音は違いますね。
f でも p でも、いつも歌っていますもん。

他にたくさん音がある中でも、立体的に浮かび上がって聞こえてくる感じですね。

で、後半の「運命」では、

「ヴィオラの音聞こえないんですけど」って、管の方から。

そりゃあそうでしょう!たった2人で弾いているんだもの。
ただでさえヴィオラの音は、耳を切り替えないと聞こえない音なんだし。

しょうがないじゃん。と気軽にスルーするして片付けようとすると、指揮者さんから、
「音は意思に乗せて飛ばすもんだ」という主旨のお言葉が。

うーん、なるほど。

日ごろから、「意思が感じられない音はつまらない」などとうそぶいている私。
さすがに反論できませんでした。

小さくても届く音、立体的に聞こえてくる音の秘密はそんなところにも
あるのかもしれませんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 医療保険■ HOME ■ 一夜明けて >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]