忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167
[PR]
2017/07/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/26 (Wed)
レッスンに行く前に少し時間があったので、セブシックやってみましたが、
やっぱり全然ダメ。3、4の指が動きません。

ということで、最初から先生に「昨日やってみましたが、出来ませんでした!」と申告。
「じゃあ、2小節だけ見せて。」と言われ、練習のとき注意することを教えてもらいました。

1指を放さないこと。放すときも、なるべく同じ形をキープすること。
手の形を保っておくことは、速いパッセージを弾くために必要です。
でも、それが出来ないのよ~

そう、その前に、今日はボーイングの練習があったのでした。

弦楽合奏の教室でやることになった、ビバルディの曲のために。
ソーソーソーソー レーレーレーレー ラーラーラーラー ミーミーミーミー

開放弦で移弦の練習。音符をだんだん細かくしていく。
急に細かくなると、やっぱり気持ちが焦ってしまって、右肩が上がるクセが出るみたいです。

ボーイングの練習もホントは毎日やるべきよね…。

その後は恒例、ホーマンです。233番。結構長い。
メトロノーム練習のおかげで、途中テンポが崩れることなく最後までいけました。

生徒が弾く1stは主にメロディですが、先生の2ndは所々キザミがあります。
刻みながら歌ってる。すごいなぁ。
先生の音に合わせて、自然に自分の音も良くなっていくのがわかります。
面白いです。ホーマン。

そして最後は「アレグロ」。
密かに一回で○を狙ってましたが、さすがにそれは無理でした~。

細かい移弦があるところ、弓が弦に吸い付いていない。
特にA↓E↑の移弦ね。手首の返しが要るのね。

それと問題のトリルのところ。正確には1回だから、モルデントだそうです。訂正。

ドレド ファソファ ソラソ などなど。
ピリッと弾くための練習方法を習いました。

先生は簡単そうにやるけど、これをキッチリやるのは難しい。
どこまでもいい加減になりそう…。

先生曰く、「この曲、完璧に仕上げよ。」
そうですね。ごまかし弾きしても、何もいいことないもんね。

a-mollもね。練習がんばろう
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]