忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[893] [892] [891] [890] [889] [888] [887] [886] [885] [884] [883
[PR]
2017/07/22 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/05/05 (Thu)
昨日は映画を見てきました。
モーツァルトのお姉さん、「ナンネル」を描いた作品。

「モーツァルトが子供の頃だから、有名な曲は1曲も出てこないよ。
でも衣装や雰囲気がとてもステキな映画だよ。」

と聞いていたので、一大決心をして出かけてきました。(大げさ)

モーツァルト(役の子)のバイオリン演奏はとてもステキでした。

これがモーツァルトのスタッカートなのかな…と思いながら聞いていました。
いわゆる「半飛ばし」と言うのでしょうか?

短いフレーズもすべて歌になっていて、美しくて感激。

メインのストーリーでは、私にとっては王太子(ルイ15世の息子)が、なんというか…。

自意識過剰な振る舞いで(王太子なんだから当然だとは思うけど)ナンネルを傷つけ、
一気に仕上げた楽曲もどう評価されたのかわからず。

自分自身で楽譜を燃やしてしまったナンネルのその胸の内を思うと、
なんともやりきれない気持ちになりました。


ナンネルの男装姿はとても可愛かったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■へぇ~
誰かがこの映画の事、教えてくれてたよね!?
切なさそうなストーリーだね

昔の西洋っていうだけで、雰囲気がお洒落だわ~
ミルママ 2011/05/05(Thu)19:14:01 編集
■そうそう
雰囲気だけでも浸れるよね。
200年前に、実際にこうやって演奏されていたのかと思うと感慨深いです。

この映画は楽器屋さんにポスターが貼ってあったから知ってはいたんだけど、
実際に教えてくれたのはMさんです。
ミルママが腰痛で動けなかった日のことだよ。(^^)
みのむし 2011/05/05(Thu)19:21:38 編集
■無題
僕も観ました。
女性として生まれたというだけで、作曲を許されないというのは理不尽ですよね。
気の毒でした。

ナンネルの男装、可愛かったね。(^^)
ところで、ショパンの映画はご覧になりますか?
ひろ URL 2011/05/06(Fri)08:09:32 編集
■ショパン
あの映画だけでいうと、ナンネルは作曲を続けることも
できたのではないかと思ってしまうんですが…。
でもそうですね。やっぱりそれは許されなかったのでしょうね。

今度はショパンの映画があるんですか?
ひろさんは凄いですね。情報速い!

私は残念ながら映画を見に行くことはできそうにありません。
DVDが出るのを待つことにします。(いつのことやら…ですが。)
ひろさんの記事を楽しみにしていますね。
みのむし 2011/05/06(Fri)08:25:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]