忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [76
[PR]
2017/10/17 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/09/11 (Thu)
今日もまた、おばあちゃんの施設に行ってきました。

ちょうど先週?「安心しないでください」と言われてから、ずっと気になって
いたことがあったので、施設長さんに相談してみました。

「もしもの場合、急に連絡もらっても、来られないないかもしれないんですが…。」

特に、水曜日のがんの利用者さんのケアでは、私たちヘルパーが行くときに合わせて、
ご家族の方は買い物に行ったり、病院に行ったり、仮眠をとったりされています。

ご本人は、ベッドから起き上がることはできても、ちょっと離れた物を取ることが
できないし、もちろん支えなしで立ち上がることもできません。

寝ていても、布団を直すこともできないし。

こんな方を放って、「うちのおばあちゃん、死にそうなので帰ります!」とは言えない。
(急に、他のヘルパーと交替ということも難しい。)

もちろん、こんな極論は言えませんが、
「なんか、考えてしまって…。」と相談してみました。

すると、施設長、「もうそれは仕方ないことですから。実は私も…」
と、同居中の奥さんのご両親の話を始めました。

今は、お父さんが大腸がんの末期で、
今朝も、しびんの尿を自分で捨てに、トイレに行く途中で倒れて、
廊下中おしっこの海になってしまったとか。

お父さん、悪いながらも自分でトイレに行き、ストーマ(人口肛門)に溜まった
便を自分で処理するのだそうです。

あまり食べられないから、鎖骨の所から、輸液や抗がん剤を入れたり。
ホントに、施設長のお宅は、介護まっ只中。

その後、ちょうどまた医者の先生の回診があったので、
この機会に一言!

先生も、看護師さんも、
「一緒一緒。私たちも、親の死に目には会えないと思っています。」とのこと。

そうですね。医者や看護師さんは、まさにそういう職業ですものね。

施設長や、先生に話せて良かったです。
アドバイスをくれた兎さん、どうもありがとう!ちゃんと話せました。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ハンカチの木■ HOME ■ 救急医療のこと >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]