忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459] [458
[PR]
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/30 (Tue)
昨日の中日新聞のコラムで紹介されていたものです。

医師帯津良一さんと 作家五木寛之さんとの 対談をまとめた本の一節、

「死後の世界について自分なりのファンタジーを持ちなさいよ。
それをいつも考えていると、現実のもののようになってくるといっているんです。」

それは良い考えかもしれませんね!

死んだら閻魔様がいて、地獄には針の山がある…なんて、とても信じられないし、

死んでも直ぐにまた生まれてくるから…と言われても、
その時地球が無かったらどうするの?な~んて思ってしまうし、

死んだら光になって、大きい光の中に吸い込まれる、というのも
あり得るかも…とは思っても、ちょっと寂しい。

かといって何のイメージも無しでは、やっぱり怖いのです。
未知のものって怖いですよね?

ということで、こんな事考えてみました。

死んだら野原があって、(川は怖いからなし)ずっと歩いていくとお屋敷がある。
お屋敷の中に入っていくと、ピアノがあって、誰か弾いている。

近くに寄ってみると、なんと!モーツァルトではありませんか~!

と、こんなに簡単に歴史上の有名人に会えるはずないので、

お屋敷の中にピアノがあって、蓋が開いたままになっている。

近くにいる人に、「誰か弾いていたんですか?」と聞いてみたら、
「昨日までモーツァルトさんが弾いていたんですけど、
急に生まれ変わることになったのでね、今はお留守なんですよ。」

とかね~。

「死と向き合うときの希望」。
良いことを教わったな~。(名古屋弁?)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]