忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839
[PR]
2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/09/26 (Sun)

昨日は、久しぶりにカルテットの練習に行ってきました。

今回のメンバーは、ミルママと私で企画、
1stとチェロに、とてもお上手な方をお迎えしています。

練習では、最初から思った以上に速いテンポで始まり、
半分パニックになりながらも、なんとか音を出して弾くことができました。

ところどころ、曲の拍がうやむやになっているところも取り出して練習。
もっとフォルテで弾くところなど、具体的に教えていただきました。

とても厳しい練習ではありましたが、
「もっと音を出して」と言っていただけるのは、とても嬉しいことです。

先回のオケの練習では、「うるさい」と言われてしまったけど、
「うるさい」という前に、「こう弾いて」と教えていただきたいものです。
(ちょっと根に持ってるかも。

次回の練習までに、まだ不安なところが何ヶ所かあるので、
まず自分がまともに弾けるように練習することと、

やっぱり、曲の要である1stのメロディ。
自分で全部歌えるくらいにならないといけないですね。

今の自分が出来る範囲で、ですが、練習頑張ります。

全体の曲の中で、自分の役割が楽しめると良いなぁ。
なかなかそんな余裕もないとは思いますが…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■無題
上手な方と弾くと、とっても勉強になりますよね。
カルテット、トリオは、スコアを片手にCDを聞いてます。
ばよりんを追いながら1回、チェロ譜を追いながらもう1回、なんて。
でも、なかなか自分の音すら聞こえない時があります。
で、そんな話を上手な人にしたら、良く聞こえないところは一生懸命弾かなくてもよいところ。
しっかり聞けるところが、頑張って弾くところ、ですって。
確かに伴奏に回ってると、溶けてますからね。
mamehana URL 2010/09/26(Sun)15:51:56 編集
■なるほど
そういう言い方をすると分かりやすいですね。

アンサンブルはソロと違って、全部を頑張って弾かなくて良いというか、
曲全体のメリハリの方が大事かもしれませんね。
溶けているところと、際立つところ。
それがアンサンブルの楽しみ、かなぁ。

いやぁ、「溶ける」って良い雰囲気の言葉ですね。
とろとろとろけて流れていくみたい
みのむし 2010/09/26(Sun)18:58:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< きらきら星■ HOME ■ 「ホフマン物語」 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]