忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840
[PR]
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/09/28 (Tue)

先日、秋らしい真っ青な空と爽やかな空気の中、
ピアノの音が聞こえてきました。

曲は「きらきら星」。

ああ上手に弾いているなぁ。小さい子が弾いているのかなぁ、と聴いていると、
続けて第1変奏曲になりました。

タカタカタカタカ…と、とっても良い感じ。
と聞き惚れていたら、だんだん後半が怪しくなってきました。

そしたらそこでお母さんらしき人の声。
「何やってんだよーー!」と。

あ~やっぱり小さい子が練習していたんですねー。
親もついつい熱くなるよねー。
私はもうそんな時代は越してしまったけど、気持ちはとってもよくわかる。

叱られながら練習させられて可哀相。でも叱ってくれる人も必要だしね。

その後もしばらく音が聞こえていましたが、今回の練習はそこまでだったようで、
第2変奏には至りませんでした。
(どうするんだろう。先はまだまだ長いよ。)

残念。もっと聴きたかった。

モーツァルトの「きらきら星変奏曲」、
もっともっとのーんびり、いつかは弾いてみたいと思いました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■無題
叱られて音楽をやるのは可哀想。いやいややっているので楽器が嫌いになる子も多いはず。
私の友人でも子供の頃は楽器を弾くのが嫌だったけれどオーケストラを始めてから楽器を弾くことの楽しさを知ったという人が何人もいます。
こういう人はオーケストラに出会わなければ楽器を演奏すること自体が苦痛なことになる訳ですね。これって逆効果では・・・情操教育のはずが音楽嫌いを生んでいることになるとは。
ウニ 2010/09/30(Thu)00:07:59 編集
■無題
そうですねー。
ただ、将来プロを目指す子にとっては、親が必死になることも
大切なことだと思います。
プロにならなくても、一生懸命やることは大事だし、
本気になってくれる親の存在もありがたいものです。
その時はわからなくても…。

オケで弾くことも、楽しいことばかりじゃないですよね。
上を目指せば目指すほど、厳しいことになってくるし。
たかが趣味ですが、それが人生だったりもする。
試行錯誤重ねながら、自分が楽しめるところを見つけていくしかないのかな?
みのむし 2010/09/30(Thu)08:07:02 編集
■私もいつか・・・
モーツァルトの「きらきら星変奏曲」いいですよね。デュポール変奏曲同様、いつか挑戦してみたいです。
まり 2010/09/30(Thu)13:14:53 編集
■デュポール変奏曲
初めて名前聞きました。
まりちゃんはよく知ってますね!

今、聴きながら書いてます。
「きらきら星変奏曲」とちょっと雰囲気似てますね。
こんな曲が弾けたら良いですね。楽しそう!
みのむし 2010/09/30(Thu)19:37:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 秋の会■ HOME ■ 練習でした >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]