忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
[PR]
2017/11/18 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/09 (Thu)
ピアノの調律が済んで、芯のあるキリッとした音になりました。

この前調律してもらってから、6年ぶりだそうです。
それまでは、毎年やってもらってたんだけどね~。

しかしたった6年で、この狂いようはどうでしょう??

何でもこの4年ほどは異常気象のせいか、調律してもすぐ狂うようになったそうです。

調律師さん(女性)に、「バイオリンは弾いてますか?」と聞かれました。
私、そんなこと喋ったのね。

きっと始めて間もなくで、嬉しかったんでしょうね

そんな話から、純正律と平均律の話になり、
「純正律で合わせたら、高い音はだいぶ下がってしまいますからねー。」

だからピッチリ合わせないで、1秒間にうねりが1つちょっと聞こえるくらいで
合わせるのだそうです。

凄いね。手に職、プラス耳に職 ですね。

今はピアノの運送拠点の近くに事務所があって、いつもそこでお仕事しているそうです。
これからもよろしくね、とお願いしました。

久しぶりにお会いしてキレイな音にしてもらって、大満足。
PR
2009/07/06 (Mon)
昨日家に帰ってきたら、ピアノの音がしていて、
しかもそれが、本当に凄い音で…。

ピアノって、1音につき弦3本ですよね。
まあこの3本、好き勝手に伸びてしまったみたいです。

個人の家のピアノでも、放っておくとこんな音になるものなのか、というほど。

これでは、今度の夏休みにメグミさんが帰ってきたとき、
「伴奏して」と頼むこともできません。

早速、前に調律に来てくださっていた所に連絡入れました。

定休日だったけど。(全く、なんて間の悪い。)
一応伝えてくれることになりました。

それで、昨日ピアノを弾いていたのは、うちの娘なのですが、
この何年かピアノに触ったこともなかったのに、なんで急に?と聞けば、

「気分転換。」だそうです。

うちの娘は、気分転換の天才かも。
凄くたくさんのレパートリーを持っています。もちろん、気分転換の。

見習わなくては…。いや、私譲りかも…ですね。
2009/05/11 (Mon)
昨日買ったCD。
シューマンの、「クライスレリアーナ・森の情景」。

ピアニストは、アファナシエフです。

このピアニストのCD、シューベルトのピアノソナタも持っていますが、
独特の世界観を持っているみたいですね…。

「間」の取りかたも 独特、だと思います。

この「クライスレリアーナ」、「後の友、ショパン」に献呈されているのだそうです。

「後の友」って、どういう意味なんでしょうね?
(またいつか調べてみることにします。いつになることやら…ですけど。)

思いついて、ショパンのCDと見比べてみました。
ショパンもシューマンも、1810年生まれなんですねー。同い年なんだわ。

この曲が作曲された1838年はというと、
ショパンはジョルジュ・サンドと マヨルカ島への旅行を計画していた年。

この前後に、「前奏曲集」が完成されたんですって。
旅費を稼ぐために。

ショパンにとって、作曲はお仕事でもあったんですね。(当たり前?)

モーツァルトが、仮面の男からお金を受け取りながら、
「レクイエム」を作曲していた場面が 思い浮かびます。

多分、この前の「N響アワー」で、「レクイエム」をやっていたから こんな連想したんでしょう。
「涙の日」。美しい曲ですよね~。

「クライスレリアーナ」、夕べ寝るときに聞いてみたんですが、
2曲目の途中から覚えてない…。

2曲目は、「心をこもて、速すぎずに」。演奏時間、12分ー!

この調子では、なかなか2曲目の壁を越えられないと思います。
今日は3曲目から 聴かなくちゃ。
2009/05/02 (Sat)
ピアノ教室の「秋の会」の日にちが決まりました。

10月なので まだまだ先ではありますが、
ここで私は、アッコーライの協奏曲を弾かせてもらう予定です。

バイオリンの発表会が11月なので、まずここで練習させてもらおうという…。

ピアノ伴奏は、ソロと違って 変に難しいし、きっとあまり楽しくないとは思うのですが、
ピアノを習っているKちゃんが 引き受けてくれました。

頑張って練習するから、Kちゃん、よろしくお願いしますね~。

それから、まりちゃんとは、ルービンシュテインの「ヘ調のメロディ」をやります

こちらは、最近の私の 「メロディ弾きたい!!病」を癒してくれるハズの曲。

1回目は私がメロディで、2回目はまりちゃんね~。
ううっ楽しみだなぁ~

私はヴィオラを弾くので、ゆったりまったり 弦さえ間違わなければOKかと思いますが、
ピアノの方は、弱拍で入る和音が覚えにくかったりで 気が抜けないかもしれませんね。

どちらも、とっても楽しみにしています。
どうぞどうぞ よろしくお願いいたします
2009/04/19 (Sun)
時間があったので、ヤマハに行ってきました。

なんだか賑やか~と思ったら、ミニ演奏会をやっていました。
電子ピアノ、じゃなくて エレクトーンかな?迫力ある音でした。

他の楽器も登場して セッションしてましたが、
途中の1曲、なんとも言えない音が流れてきました。

弦か~?笛か~?
…二胡でした。

なんとも不安定で、生気のない感じ。
それはいいとしても、音程低いよ…。

もっともっと情緒ある、良い音するハズなのに。残念でした。

ああいう 店頭で演奏する人って、プロの方ですよね?
なんであんなかな…。私の耳がおかしいのでしょうか。

弦楽四重奏用の楽譜を立ち読み?してきました。

けっこう弾きにくそう。
もし本当にやるなら、ピアノ伴奏譜から和音拾って、簡単に割り振った方がいいかも。

(弦楽四重奏用の楽譜のラインナップは、FCミュージックのHPで見れました。)

またしても、楽譜を買ってしまいました。
私の買う楽譜は、教本以外は ピアノの楽譜ばっかり。
何と言っても、充実度が違うからね。他の楽器に比べて…。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]