忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
[PR]
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/11/29 (Sun)
オケの練習に行ってきました。

今日は前半は弦だけの分奏練習で、後半は場所を移動して合奏でした。

弦だけの分奏練習は効果ありますね。
弾き方のポイントを教えてもらうと、音が変わります。

自分のことだと音はよく分からないけど、確かに弾きやすくなります。

それにしても1stバイオリンは大変だな。
とにかく細かい動きが多いし、動きずめだし。

オケやるならやっぱりバイオリン!とも思うけれど、私にはヴィオラくらいがちょうど良いかも。
(というと、語弊がありますか?)
曲の中での役割も好きですし、なんかゆったりしていて良いんですよね~。

もちろん、ゆったりばかりしていては いけないんだけどね!

そうそう、「運命」のピチカートのところのこと、分奏のときに取り上げてもらいました。
時間が少なかったからまだ十分ではないですが、次回は今までよりは弾けるように
なっていると思います。うん、多分。
PR
2009/11/28 (Sat)

今日は女性4人で集まって、エキストラの方に送る楽譜の準備をしました。

集まった4人、楽器でいうとフルート・オーボエ・バイオリン・そして私ヴィオラ。
普段の練習では、あまり話す機会もないです。

自然と先回の練習のときの話しになりましたが、

(あれ?そんなこと言ってたっけ?)

案外他のパートのことって、聞いているようで聞いてないかも。

ほとんどは軽い雑談ですが、1箇所、「運命」の3楽章、
チェロのピチカートに続いてバイオリンとヴィオラがピチカートをするところ。

確かに、あそこはいつも上手くいかないですね。
あの前後、すっきりしないです。

今まであまり考えたことなかったけど、確かにピチカートになると油断する。

どうせ聞こえないし…と思ってしまうのかなぁ??

ヴィオラの場合、その後にもアルコとピチカートを繰り返すところがあります。
あれもねー。苦手意識が先に立ってしまっている感じです。

ベートーヴェンが書いた音符なんだから、もっと気合入れてさらわなくてはいけませんね。
そう思って、久しぶりにスコアを見ているところです…。

2009/11/23 (Mon)
オケの練習に行ってきました。

5月の演奏会の日にちが決まって、エキストラに来ていただく方がほぼ決まり、
次は楽譜等の発送ということで、オケ用の楽譜をお借りして帰ってきました。

コピー譜じゃないですよ。ちゃんとした楽譜です。

ベートーヴェン「運命」の楽譜、必要なパートだけ抜き出しながらパラパラ見ていました。

弦は各パート4部づつあるんですねー。
管と比べると厚みが違いますねぇ。たくさん弾けて楽しいけど、責任重大ですね。

ヴィオラは1冊だけど、Viola ⅠⅡと書いてありました。
全部上と下と分かれて弾けということでしょうか。

で、チェロとコンバスは同じ楽譜?
そうなんですか。同じヘ音記号だから、それで良いんですねー。

中でも面白いと思ったのは、アルトトロンボーンの楽譜です。
模様みたい。どこ吹くのかよくわからないような楽譜です。

肝心の練習の方は、うーん、そうですね、

一応弾けるつもりでいるところでも、ヴィオラだけ抜き出されて、「この音アクセント」とか
「このフレーズ出して」とか言われるととたんに弾けなくなるところがあります。

ボーイングが無茶苦茶になってしまうんですよね。

反省反省。今週は抜き出して練習しなくては。
今週はヴィオラ週間のつもり。
2009/11/16 (Mon)
昨日は久しぶりのオケの練習でした。3週間ぶり。
私もですが周りの方も、みんな、なかなか音出なかったみたいでした。

そんな中、モーツァルトのピアコンから。

p で、とにかく音の形からはみださないように、と思って弾くけど、なんせ音が出ないし。

ヴィオラはバイオリンに比べて音の立ち上がりが遅いし、楽器も全然鳴らない状態で、
小さい音出そうとするけどそうすると嫌な生の音が出て、もうとんでもなかったです。

少しは早めに行ったので、音出しができればよかったんでしょうが、まだ楽譜を確認
しないといけないことがあったりしてできませんでした。

そのあたりが一番の敗因でしょうか?

途中から先生がいらっしゃって、ピアノも入り、音楽が流れるようになって初めて、
ああやっと音が出てきたと思いました。

やっぱりプロの先生の音は違いますね。
f でも p でも、いつも歌っていますもん。

他にたくさん音がある中でも、立体的に浮かび上がって聞こえてくる感じですね。

で、後半の「運命」では、

「ヴィオラの音聞こえないんですけど」って、管の方から。

そりゃあそうでしょう!たった2人で弾いているんだもの。
ただでさえヴィオラの音は、耳を切り替えないと聞こえない音なんだし。

しょうがないじゃん。と気軽にスルーするして片付けようとすると、指揮者さんから、
「音は意思に乗せて飛ばすもんだ」という主旨のお言葉が。

うーん、なるほど。

日ごろから、「意思が感じられない音はつまらない」などとうそぶいている私。
さすがに反論できませんでした。

小さくても届く音、立体的に聞こえてくる音の秘密はそんなところにも
あるのかもしれませんね。
2009/11/12 (Thu)

私がお世話になっているアマオケの、1回目の演奏会。
やっとやっと日にちが決まりました。あ~長かったですね~ここまで。

ということで、エキストラ連絡係りの私は、昨日からエキストラさんとコンタクトを
取っていました。初めてのことで緊張しました。

前にお手伝いに来てくれたことのある方は、よく分かっていらっしゃるので、
話しをすると、すぐに快くOKしてくださいました。

え?ホントにいいんですか?
と念を押したくなるくらい。

今回初めて話しを持っていった方は、「え?」「あ?」「は?」って感じ。そりゃあそうですよね。
こちらの説明も悪いしね。(でもだいぶ慣れました。)

お忙しい方にはメールで送ったりして、今は返事待ちです。
とりあえず今やることだけはやったので、ホッとしています。

本番はまだかなり先ですが、エキストラの方が入ってハイ完成!となるくらい、
ちゃんと弾けるようにならなくちゃね。

みな様、頑張って練習しましょうね。

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]