忍者ブログ
音楽が大好きなみのむしの日記です。バイオリンを習いながら、合奏ではヴィオラを弾いています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
[PR]
2020/06/05 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/22 (Sat)

今日はバイオリンのレッスンに行ってきました。

セブシックはG線。ミの♭まで指を伸ばす。なかなか上手くいきません。
まず気持ちが逃げてますから…。

セブシックは毎回レッスンで直されて、やっとそこからホントの練習が始まるって感じです。

音階の方は、♭2つの短調に進むことになりました。
音階もまた難しいですね。ポジション移動まるわかりです。

プレイエルのデュオは、2番が終わりました。
やっぱりデュオは楽しい。

シンコペで相手の音にはめながら弾くところ、先生の音を聴きながら弾くことができました。
…だいぶ隣りの弦擦って雑音出してしまいましたが。

ちょっと緊張してたこともありますが、やっぱりボーイングが不安定ということですね。

最後はヘンデルの4番。1楽章は何とかOKをいただき、
これからは2楽章のみ。音をしっかり響かせて弾けるように練習です。

自分では弾けるようになってきたつもりでも、弓が小さく、音に伸びがないようです。
憧れのクライスラーを弾くためにも、練習頑張らないと。

今日思ったこと。

バイオリン本来の、相手の心に届く音。そんな音を出すのは素人には難しいけれど。
でもそういう音を出そうとするためには、やはりレッスンが必要ですね。

ソロだけではなく、合奏でも同じです。
一人一人が良い音を出すように練習しなくては、いつまでたっても良い音楽になりません。

オケでもやはり目立つのは1stの音です。
1stを弾く人は、人の何倍も練習する人であってほしいと思います。

PR
2010/05/03 (Mon)

今日は公言どおり、楽譜の整理をしました。

昨日まで一生懸命弾いていた曲を片付け、今度弾く予定の曲を出しました。

楽譜をいただいたままになっていた、シベリウスの「フェスティーボ」、
ドヴォルザークの8番「イギリス」などです。

シベリウスの曲はとても弾きやすいです。

「弾きやすくて美しい曲」として探してもらった曲ですが、本当にそのとおり。
もう明日にでも合わせてもらいたいくらいです。

ト長調でソの音が多いので、明るい響きがするんですよね。

ドヴォルザークの方は、何年か前にしっかり練習したはずなのに、すっかりさっぱり忘れて
いることが分かりました。

なんでこんなに簡単に忘れてしまうんでしょう…。

3楽章の初めなんて、ヴィオラはけっこう美味しい旋律を弾いていたはずなのに、
メロディも拍の取り方も、テンポ感もわからず。

そんな情けない状態でしたが、少しずつ練習すればなんとかなりそうだとも思います。

先回苦労した3連符も、今度はしっかりさらえそう。

そのかわり苦労しそうなのが、2弦にまたがってうねうねと弾くところです。
特にC線とG線のうねうねのアップが難しい。リズム無茶苦茶。

今度はこの「うねうね」をなんとかしなければ。
はぁ~、とため息をつきながら頑張ります。

2010/04/26 (Mon)
先日はバイオリンのレッスンに行ってきました。

今回は音階練習を頑張りました。

以前に比べれば、音程も音のつながり具合も格段に良くなりましたが、
音階が音楽のように聞こえるようになるためには、まだまだまだまだ修行が要ります。

♭1つの調はとりあえずOKをいただいたので、次回は次の調になります。
何調だっけ…?忘れました。明日から練習します。

プレイエルのデュオは、2番の後半部分。
テンポ速めの軽快な曲です。

最初は2ndとのからみ具合がわからず、曲調が変わる部分でつまずきました。
家で練習してたときも、「ここ見ておかないと。」と思ったのに、結局やらずじまいで。

曲の終わりのあたりにあるシンコペも、いま一つ把握できず…。

今日はそのあたりをメトロノームかけて練習しました。
今度こそはパシッと決まるように頑張ろう。

最後はヘンデルの4番、1・2楽章です。

1楽章はもっと縦線はっきりと。
2楽章は最初の音の出し方、次の音への入り方、スタッカート、トリル、やること山盛り。

練習楽しいです。デタシェとか。

今度の発表会の曲も、先生にOKもらってきました。
これからは1ヶ月に1回のレッスンですが、しばらくは音階練習を中心に頑張ります。
2010/04/17 (Sat)
今日、調整に出していたヴィオラを引き取りに行ってきました。

手元に戻って来ただけで安心してしまって、いま一つ練習する気にもならなかったのですが、
ここに書くために取り出して弾いてみました。

こんな気分なので、↓ 聴きながらお読みください

http://www.youtube.com/watch?v=lund0oi-G1A&feature=related

良い音します。良く響きます。
大満足です

気になる調整のお値段は、1050円。
特に直すところはなかったけど、ペグやら駒やら全体を見てくださったそうです。

特にC線が良く響くようになったかも。
C線で弾く低いドからファの♯までの音は、バイオリンでは出せない音です。

でもとても押さえにくいので、半ば諦めていました。
私には弾けないわ、と。

もしかしたら弾けないながらも、今よりは良い音が出るようになるかもしれません。
嬉しいです。
2010/04/12 (Mon)
今日は楽器屋さんに行く用事があったので、ヴィオラを持って行きました。

ペグを中心に一通り見て、何かあれば連絡を差し上げますとのこと。
何も連絡が無いことを祈っています。

ということで、今週は手元にヴィオラがありません。
練習するならバイオリンです。

仕事の方も、やっとこれからという感じになってきました。
本当にこれからが正念場ですね。

週末には長時間の練習が控えているし、
これから5月の連休まで、ここを乗り切るのが大変そうです。

あまり頑張りすぎないように、バイオリン弾いて気分転換しながら頑張ります。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新CM
[06/12 みのむし]
[06/02 みのむし]
[06/02 ひろ]
[06/01 みのむし]
[06/01 ひろ]
カウンター
カウンター
最新TB
プロフィール
HN:
みのむし
性別:
女性
自己紹介:
mizumo みのむしです。

ヴァイオリンを習いながら、
合奏ではヴィオラを弾いています。
介護の仕事(在宅)をしていました。
22年4月からは介護保険関係の事務になります。

都合の良いことだけ、都合の良いよ~に書いてます。
どうぞ、読み飛ばしてくださいね~!
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
人気ブログランキングへ 良ろしかったら 1クリックお願いいたします
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]